カテゴリ:日本の国立大学

提供: Wikiducca
移動: 案内検索

国立大学(こくりつだいがく、英: National university)とは、国の政府によって運営又は設立されている大学。国立学校である大学のことである。

概要

日本における国立大学は現在、国立大学法人の設置する大学として存在している。以前は文部科学省に置かれる施設等機関であり、1949年(昭和24年)に制定された国立学校設置法(昭和24年法律第150号、国立大学法人法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成15年法律第117号)の施行により廃止)に基づいて日本国が設置していた。2003年(平成15年)に制定された国立大学法人法(平成15年法律第112号)の規定により、2004年(平成16年)4月1日に国立大学は国立大学法人の設置する大学に移行。 このうち「世界最高水準の教育研究活動の展開が相当程度見込まれる国立大学法人」が文科省により「指定国立大学法人」に指定されている。2018年3月時点で5校ある(東北大学、東京大学、京都大学、東京工業大学、名古屋大学)。 日本ではほとんどの国立大学が自治権を持って運営している。学生数は、全大学生のうち2割程。


参照

下位カテゴリ

このカテゴリには以下の下位カテゴリのみが含まれています。

カテゴリ「日本の国立大学」にあるページ

このカテゴリには 8 ページが含まれており、そのうち以下の 8 ページを表示しています。