鹿児島大学

提供: Wikiducca
移動: 案内検索
鹿児島大学(かごしまだいがく、英語:Kagoshima University)は、鹿児島県鹿児島市郡元1丁目21-24に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は鹿大(かだい)。
鹿児島大学.jpeg

概観

法文学部・教育学部・理学部・医学部・歯学部・工学部・農学部・共同獣医学部 ・水産学部の9学部12研究科から成る。
当大学は、1949年の学制改革の際に鹿児島市内に所在していた旧制諸学校のうち、第七高等学校造士館 (旧制)(1901年(明治34年)設置)、官立鹿児島農林専門学校(1908年(明治41年)設置)、鹿児島師範学校(1943年(昭和18年)設置)、鹿児島青年師範学校(1944年(昭和19年)設置)および鹿児島水産専門学校(1946年(昭和21年)設置)を包括し、文理学部、教育学部、農学部、水産学部の4学部をもって新制大学として誕生した。その後、1955年(昭和30年)に鹿児島県立大学の国立移管により医学部および工学部を設置、1965年(昭和40年)に文理学部を改組して現在の法文学部および理学部とし、1977年(昭和52年)に歯学部を設置した。
2012年(平成24年)に農学部獣医学科が山口大学との共同で6年制の共同獣医学部とし、9学部10大学院となった。そのほかにも、数多くの附属施設を有する総合大学である。現在、約9,000名の学部生、約1,600名の大学院生(内約300名が留学生)および約2,500名の教職員が在籍(2016年5月現在)。学部学生、大学院生を合計した学生数は約10600人である。
当大学が発行している「鹿児島大学概要」では、現在の法文学部と理学部は薩摩藩校である造士館、医学部は島津藩医学校をその発祥としている。

建学の精神

一人ひとりが伸びやかに 自分らしく輝くために

鹿児島大学憲章

当大学は、日本列島の南に位置し、アジアの諸地域に開かれ、海と火山と島々からなる豊かな自然環境に恵まれた地にある。この地は、我が国の変革と近代化を推進する過程で、多くの困難に果敢に挑戦する人材を育成してきた。このような地理的特性と教育的伝統を踏まえ、鹿児島大学は、学問の自由と多様性を堅持しつつ、自主自律と進取の精神を尊重し、地域とともに社会の発展に貢献する総合大学をめざすとしている。

大学公式キャラクター

さっつん」という名称で、しろくまをモチーフにしている。薩摩の「さつ」に、西郷隆盛の愛犬「つん」を合わせて「さっつん」となった。LINEスタンプもある。

出典

公式サイト

参照