Wikiducca は終了しません。。

partedを用いて3TBのHDDをフォーマットする

提供: Wikiducca
移動: 案内検索

Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。== 概要 == 3TB の USB HDD をフォーマットしたい場合など、fdisk では 2TB までしか扱えない。<br /> そういった場合は、 '''parted''' コマンドを用いる。 == 作業手順 == === はじめにデバイス ID を調べる === dmesg で確認しても良いが、ここは fdisk で。 <pre># fdisk -l Disk /dev/sda: 120.0 GB, 120034123776 bytes 255 heads, 63 sectors/track, 14593 cylinders Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes デバイス Boot Start End Blocks Id System /dev/sda1 * 1 13 104391 83 Linux /dev/sda2 14 14593 117113850 8e Linux LVM Disk /dev/sdb: 3000.5 GB, 3000592981504 bytes 255 heads, 63 sectors/track, 364801 cylinders Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes ディスク /dev/sdb は正常な領域テーブルを含んでいません</pre> => /dev/sdb と認識されていることが分かる。 === parted === <pre># parted /dev/sdb GNU Parted 1.8.1 /dev/sdb を使用 GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。</pre> ==== gpt ラベルを作成 ==== <pre>(parted) mklabel gpt</pre> ==== デフォルトの単位を GB にする ==== <pre>(parted) unit GB</pre> ==== パーティションテーブルを表示する ==== <pre>(parted) print モデル: Logitec LHR USB Device (scsi) ディスク /dev/sdb: 3001GB セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B パーティションテーブル: gpt 番号 開始 終了 サイズ ファイルシステム 名前 フラグ</pre> ==== パーティションを作る ==== mkpart [パーティションの種類] [ファイルシステムの種類] 開始 終了 <pre>(parted) mkpart primary ext3 0 3001</pre> ==== もう一度パーティションテーブルを表示する ==== <pre>(parted) print モデル: Logitec LHR USB Device (scsi) ディスク /dev/sdb: 3001GB セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B パーティションテーブル: gpt 番号 開始 終了 サイズ ファイルシステム 名前 フラグ 1 0.00GB 3001GB 3001GB primary</pre> ==== parted から抜ける ==== <pre>(parted) quit</pre> === ext3でフォーマット === <pre># mkfs -t ext3 /dev/sdb1 mke2fs 1.39 (29-May-2006) Filesystem label= OS type: Linux Block size=4096 (log=2) Fragment size=4096 (log=2) 366297088 inodes, 732566637 blocks 36628331 blocks (5.00%) reserved for the super user First data block=0 Maximum filesystem blocks=4294967296 22357 block groups 32768 blocks per group, 32768 fragments per group 16384 inodes per group Superblock backups stored on blocks: 32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968, 102400000, 214990848, 512000000, 550731776, 644972544 Writing inode tables: done Creating journal (32768 blocks): done Writing superblocks and filesystem accounting information: done This filesystem will be automatically checked every 33 mounts or 180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.</pre> 割と時間がかかる。 === マウントしてみる === <tt>/mnt/usb</tt> にマウントする例。<br /> (/mnt/usb がなければ mkdir で作成。) <pre># mount /dev/sdb1 /mnt/usb # df -h Filesystem サイズ 使用 残り 使用% マウント位置 /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00 71G 43G 25G 64% / /dev/mapper/VolGroup00-LogVol02 20G 173M 19G 1% /data /dev/sda1 99M 20M 75M 21% /boot tmpfs 1001M 0 1001M 0% /dev/shm /dev/sdb1 2.7T 202M 2.6T 1% /mnt/usb</pre> ==== 自動マウントするなら ==== <tt>/etc/fstab</tt> に以下を追記する。 <pre>/dev/sdb1 /mnt/usb ext3 defaults 1 2</pre> 以上。 == 参考・引用 == * http://plaza.rakuten.co.jp/aicomp/diary/201204300000/ [[Category:Linuxコマンド]][[Category:parted]]