Wikiducca は終了しません。。

paramikoのインストール

提供: Wikiducca
移動: 案内検索

Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。= paramiko とは = paramikoは、python2.2(またはそれ以上)を使ってリモートマシンへの安全な(SSH2プロトコル)接続をするのためのモジュール。 = インストール = # easy_install -Z paramiko 以上。 = エラー = インストール後、import したところ、 <pre> /usr/local/lib/python2.*/site-packages/pycrypto-2.6-py2.5-linux-x86_64.egg/Crypto/Util/number.py:57: PowmInsecureWarning: Not using mpz_powm_sec. You should rebuild using libgmp >= 5 to avoid timing attack vulnerability. _warn("Not using mpz_powm_sec. You should rebuild using libgmp >= 5 to avoid timing attack vulnerability.", PowmInsecureWarning) </pre> というワーニングが表示された。 これは、インストールされている gmp のバージョンが古いため、paramiko の実行に必要な pycrypto が吐いている警告。 = gmp(5系)のインストール = == 既存の gmp バージョンを確認 == <pre> # rpm -qa |grep gmp gmp-devel-4.1.4-10.el5 gmp-4.1.4-10.el5 </pre> <pre> # ldconfig -p |grep libgmp libgmpxx.so.3 (libc6,x86-64) => /usr/lib64/libgmpxx.so.3 libgmpxx.so.3 (libc6, hwcap: 0x0000000004000000) => /usr/lib/sse2/libgmpxx.so.3 libgmpxx.so.3 (libc6) => /usr/lib/libgmpxx.so.3 libgmpxx.so (libc6,x86-64) => /usr/lib64/libgmpxx.so libgmpxx.so (libc6) => /usr/lib/libgmpxx.so libgmp.so.3 (libc6,x86-64) => /usr/lib64/libgmp.so.3 libgmp.so.3 (libc6, hwcap: 0x0000000004000000) => /usr/lib/sse2/libgmp.so.3 libgmp.so.3 (libc6) => /usr/lib/libgmp.so.3 libgmp.so (libc6,x86-64) => /usr/lib64/libgmp.so libgmp.so (libc6) => /usr/lib/libgmp.so </pre> 4系 がインストールされていた。 そして、今回必要なのは 5系 らしい。 というわけで、インストールする。 == DL & 展開 == # cd /usr/local/src/ # wget ftp://ftp.gmplib.org/pub/gmp/gmp-5.1.1.tar.bz2 # tar jxf gmp-5.1.1.tar.bz2 # cd gmp-5.1.1 == configure == # ./configure 特記事項無し。 == make == # make == チェック == # make check == make install == # make install == ldconfig == # /sbin/ldconfig == 確認 == 以上で大丈夫かと思ったが、ダメだった。 python のリビルドも必要らしい。 == Python rebuild == # cd /usr/local/src # tar zxvf Python-2.6.6.tgz # cd ./Python-2.6.6 # ./configure --enable-shared # make # make install # /sbin/ldconfig = pycrypto の再インストール = もう一度、pycrypto を入れ直す。 === アンインストール === 先ほどインストールされたものを削除する。 # easy_install -m pycrypto # rm -rf [/path/to/python/site-packages]/pycrypto* === インストール === # easy_install -Z pycrypto 以上で、paramiko を import してもワーニングが出なくなった。 参考: http://stackoverflow.com/questions/9171983/any-met-python-import-paramiko-and-crypto-err-like-not-using-mpz-powm-sec [[Category:Python]][[Category:フリーソフト・オープンソース]]