Wikiducca は終了しません。。

nlコマンド

提供: Wikiducca
移動: 案内検索

Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。<nowiki>Wikiduccaは終了しました。今後はゴールドペディアをご利用ください。nlコマンドは、行番号を付けてファイルを出力する際に使用します。 == catコマンドとの比較 == === cat === <pre> $ cat for_nl.txt こんにちは。 お元気ですか。 いつもお世話になっております。 今回は、"nl"という名前のコマンドをご紹介いたします。 とても便利なコマンドなので、覚えていってくださいね。 以上。 </pre> === nl === <pre> $ nl for_nl.txt 1 こんにちは。 2 お元気ですか。 3 いつもお世話になっております。 4 今回は、"nl"という名前のコマンドをご紹介いたします。 5 とても便利なコマンドなので、覚えていってくださいね。 6 以上。 </pre> == 合わせ技 == === cat + nl === <pre> $ cat for_nl.txt |nl 1 こんにちは。 2 お元気ですか。 3 いつもお世話になっております。 4 今回は、"nl"という名前のコマンドをご紹介いたします。 5 とても便利なコマンドなので、覚えていってくださいね。 6 以上。 </pre> [[Category:Linuxコマンド]][[Category:Linux]]