文学博士

博士(文学)(はくし ぶんがく)は、人文科学(哲学、史学、文学を含む広義での文学)に関する専攻分野を修めることによって、1991年以降に日本で授与されている博士の学位である。

概要

1991年6月以前の日本では、文学博士(ぶんがくはくし)という博士の学位が授与されていた。1991年7月以降では、文学博士で扱われていた領域は、「博士(文学)」以外に「博士(哲学)」、「博士(史学)」、「博士(心理学)」、「博士(言語学)」などに細分化されている。
文学博士は、1887年(明治20年)制定の学位令において、文部大臣より授与される5種類の博士のうちの1つとして定められた。日本で最初に文学博士を授与されたのは、仏教学者の南条文雄(1889年)である。
英語圏においては、各国による学位制度に違いがあるものの、Doctor of Philosophy in Humanities(Ph.D. あるいはDoctor of Letters)が、博士(文学)に相当する。

関連項目

  • 学位
  • 修士
  • 博士
  • Doctor of Philosophy
  • 文学
最終更新: 2019年3月1日 (金) 15:36