ジュリー・ドワロン

ジュリー・ドワロン (Julie Doiron) は、カナダ、ニューブランズウィック州、モンクトン生まれのボーカリスト、ギタリスト、写真家。


画像

JulieDoiron.jpg

動画

経歴

ニューブランズウィック州、モンクトンに生まれた彼女は1989年、17歳にして当時の恋人であったリック・ホワイトらとともに「フォレスト」というバンドを結成し活動を始める。翌90年、ドラマーにマーク・ガウデッドを加えたフォレストはバンド名を「エリックス・トリップ」へと改名。このエリックス・トリップはソニック・ユースのアルバム「Daydream Nation」の収録曲から取ったとされている。 エリックス・トリップはカセット・テープとシングルによるリリースを続け、93年にサブ・ポップと契約。その後、3枚のアルバムをリリースするも95年に解散。 メンバー各々が他のバンドを結成する中、彼女は93年からバンドと並行して始めていたソロ活動を本格的にスタート。95年にアルバム「Broken Girl」を自身のレーベルからリリースする。ちなみに、この時の名義は本名ではなく、アルバムタイトルと同じBroken Girlという名前でリリースしていた。 1997年、本名のJulie Doiron名義で「Loneliest in the Morning」をリリース。アメリカのリサ・ゲルマーノとの親交も深い、ジャイアント・ステップやハウ・ゲルブらとともにレコーディング。彼女の作品の中でも群を抜いてダークでブルーなアルバムとなる。その後、サックヴィルへ移住した彼女は、現在の夫に出会い、結婚・妊娠・出産を経験する。しかし、彼女はインタビューで「画家である夫の収入は不安定で、幼い子供二人を抱えた私は何もすることが出来ず。結婚してからの二年間は本当に絶望的だった」と語っている。 1999年、意を決し夫と子供を引き連れ、モントリオールへ移住。これまでのインディペンデントな活動から一変、米シカゴの「トゥリー・レコーズ」と契約し、精力的に活動を開始。カナダのバンド、ウドゥン・スターズと共にリリースした「Will You Still Love Me」と「Julie Doiron and the Wooden Stars」がカナダの音楽シーンでヒット、カナダのグラミー賞にあたるジュノ・アウォードを受賞する。 2001年10月に全編フランス語で製作された「Desormais」を、2002年2月には英語で製作された「Heart and Crime」をリリース。同時期にリリースされたこの二作は、ジャケットのデザインが対になっている。(ジャケットの写真を撮影したのは、彼女自身) 2003年、日本のP-VINEレコードが「デゾルメ+ハート・アンド・クライム」と「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー+ジュリー・ドワロン・アンド・ザ・ウドゥン・スターズ」というカップリングCDとして過去の作品を一挙にリリース。このリリースを兼ねて、ジュリー・ドワロンは初来日を果たし全国六ヶ所七公演を行う。

ディスコグラフィー

  • Broken Girl(1995) Broken Girl名義
  • Lonelist in the Morning(1997)
  • Julie Doiron and Wooden Stars(1999) Wooden Starsとの共作
  • Desormais(2001)
  • Heart And Crime(2002)
  • Goodnight Nobody(2004)
  • Woke Myself Up(2007)

Japanese Release Only

  • ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー?+ジュリー・ドワロン・アンド・ザ・ウドゥンスターズ(2003)
  • デゾルメ+ハート・アンド・クライム(2003)

使用機材

メインギター: Hagstrom Super Swede

最終更新: 2016年5月17日 (火) 15:56