You are looking at the HTML representation of the XML format.
HTML is good for debugging, but is unsuitable for application use.
Specify the format parameter to change the output format.
To see the non HTML representation of the XML format, set format=xml.
See the complete documentation, or API help for more information.
<?xml version="1.0"?>
<api>
  <query-continue>
    <allpages gapcontinue="SNS" />
  </query-continue>
  <query>
    <pages>
      <page pageid="222" ns="0" title="ReadyNAS Vault">
        <revisions>
          <rev contentformat="text/x-wiki" contentmodel="wikitext" xml:space="preserve">ReadyNAS Vaultは、いわゆるクラウドバックアップ機能だ。

5GB/$5.95/月(超過分$0.4/GB)、もしくは50GB/$199/年(超過分$0.25/GB)の有料サービスとなるが(30日間無料で使用可能)、NASのデータをクラウド上のストレージに暗号化して保存することができる。


[[Category:ネットワーク]][[Category:ReadyNAS]]</rev>
        </revisions>
      </page>
      <page pageid="1329" ns="0" title="SCHOOL OF LOCK!">
        <revisions>
          <rev contentformat="text/x-wiki" contentmodel="wikitext" xml:space="preserve">'''SCHOOL OF LOCK! '''(スクール・オブ・ロック!)とは、2005年10月3日より'''TOKYO FM'''をキー局に'''JFN'''38局で全国放送されている'''ラジオ番組'''。略称は「'''SOL!'''」。ラジオパーソナリティーは、'''[https://ja.m.wikipedia.org/wiki/グランジ_(お笑い)  とおやま校長]'''(2代目校長)、'''[https://ja.m.wikipedia.org/wiki/パップコーン  あしざわ教頭]'''(3代目教頭)。[[ファイル:CF95AF08-9768-4D21-9C01-D76D06709D52.jpeg|250px|thumb|right]]

===未来の鍵を握るラジオの中の学校===
メインパーソナリティを「'''校長'''」・「'''教頭'''」、番組ゲストやARTIST LOCKS!担当の[[音楽家|ミュージシャン・アーティスト]]を「'''〇〇先生'''」、番組スタッフを「'''職員'''」、及び「'''△△先生'''」と呼んでいる。
GIRLS LOCKS!担当に於いては、ミュージシャンであっても「'''〜ちゃん'''」と呼ばれているが、生放送教室に出演した時のみ、「'''先生'''」とよばれるケースがある。因みに、リスナーを「'''生徒'''」と呼んでいる。&lt;br/&gt;番組のメインターゲットは中学生から高校生であるが、それらに該当しないリスナーも歓迎。
*22:00の時報の後、番組開始の合図として、ギターで録音されたチャイム音が流れる。演奏しているのは'''喜多建介'''([[ASIAN KUNG-FU GENERATION]])。
*番組名の「ロック」のスペルは、コンセプトに沿い、'''鍵'''('''錠前''')の「'''LOCK'''」。
; 号令
学校がモチーフになっているため、番組開始時、及び番組終了時には校長・教頭による“号令”が行われる。
[[ファイル:BAD8AB98-7EC4-43C4-A720-B5E147004311.jpeg|350px|right]]
; 番組開始時
*教頭:「'''起立'''」→校長:「'''はい、立ってー!'''」→教頭:「'''礼'''」→校長・教頭・生徒:「'''叫べー!'''」
*号令の最後が「叫べー」なのは、「自分の言いたい事、誰にも言えない事をまず叫んで伝えてほしい。そして、その気持ちあるいは“鍵”を持ったままどこかに駆け出してほしい(とーやま校長:談)」という理由からである。

; 番組終了時
*教頭:「'''起立'''」→校長:「'''はい、立ってー!'''」→教頭:「'''礼'''」→校長・教頭・生徒:「'''また明日!'''」
*金曜日は「'''また来週!'''」、年内最後の放送の時は「'''また来年!'''」になる。

==出典==
*[https://ja.m.wikipedia.org/wiki/SCHOOL_OF_LOCK!  同項目]

==脚注・リンク==

[[Category:SCHOOL OF LOCK!]]
[[Category:TOKYO FMの番組]]
[[Category:2005年のラジオ番組 (日本)]]
[[Category:架空の学校]]</rev>
        </revisions>
      </page>
    </pages>
  </query>
</api>