gurosu

提供: ウィキデュッカ
移動: 案内検索

gurosuとは、ROM専のpixivユーザー。
ここまではいいのだが、下記の理由により問題ユーザーとして見られている。

概要

旧名up、ピクシブ百科事典の記事クロスアンジュ 天使と竜の輪舞関連記事を編集するユーザー。
編集は自分から書くことはせずに他人に任せ、自分が不要と判断した内容を削除する。特にネタバレを嫌ってるようで、詳細部分を全て白紙化を行い、差し戻されたら再び削除し、差し戻すユーザーを荒らしと批判し敵視する。
ピクシブ百科辞典に限らず他百科辞典サイトでは基本的に放送中・終了問わずに 放送中に詳細が書かれることがあり、放送中にネタバレを書くことは規約違反ではなく、寧ろ周囲の意見・反対を無視して削除する行為が規約違反である。ネタバレを避けるのであれば、百科辞典サイトに目を背ける等対処すれば良いことだし、「本編を書きたがるアホを抑制するという至極当然のことをしてるだけ」と自らの編集姿勢を正当化するのであれば、クロスアンジュ関連記事に限らず他作品の記事でもその姿勢を見せるべきである。
また、「批判を受けたユーザーの一覧」記事に自身の名が記載されて以降、火病っぷりが半端なく、自分に反論するユーザー達を「ゴミ」やら「キチガイ」やらと吐き捨てている。
結果的にアカウント凍結されるが、すぐに別のアカウントを作り、批判を受けたユーザーの一覧の掲示板にて誹謗中傷を行った。
そして再び規制を受けるもまたしても現在のアカウントであるgurosuとして蘇り(プロフ文の「感情論isクソ」は過去にupのプロフ文に記載されていたものであるためup本人である可能性がある。)、クロスアンジュだけに止まらず、吐き気を催す邪悪系記事、人間のクズなどの記事をキャラヘイト、編集合戦と言うでたらめな言いがかりをつけ削除、白紙化しようとしており、注意されると逆ギレする。
また子役の寺田心の記事では歳下の子供相手にヘイトスピーチ的な記述をするなど、大人気なさが際立つ。また逆に自分の気に入らないキャラクター(榊遊矢)には、主観的な中傷意見を書き続けるなどの行動も見られる。

関連人物

upの頃に一緒になってクロスアンジュ関連の記事を削除していた。
また、批判を受けたユーザーの一覧で批判が書かれると自分だけでなく黒乃桜の部分も一緒に消していたため、一時期黒乃桜の複垢と思われていた事がある。

関連項目

外部リンク