bashで配列を使う

提供: ウィキデュッカ
移動: 案内検索
bash配列記述例 説明
Linux[0]='vine' Linuxという名前の配列の0番目にvineという値を代入。配列は宣言しなくても使った瞬間に作成される。
Linux[1]='CentOS' Linux配列の1番目にCentOSという値を代入。
Linux[2]='Ubuntu' Linux配列の2番目にUbuntuという値を代入。
Linux[3]='Suse' Linux配列の3番目にSuseという値を代入。
Linux=('vine' 'CentOS' 'Ubuntu' 'Suse') 上記4つをまとめて実行する記述方法。
echo ${Linux[1]} Linux配列の1番目を表示。
echo ${Linux[@]} Linuxの内容をすべて表示。
echo ${#Linux[@]} Linux配列にいくつ要素があるかを表示。
echo ${#Linux[0]} Linux配列の0番目の内容の長さを表示。
echo ${#Linux[1]} Linux配列の1番目の内容の長さを表示。
echo ${#Linux[2]} Linux配列の2番目の内容の長さを表示。
echo ${#Linux[3]} Linux配列の3番目の内容の長さを表示。
echo ${#Linux} echo ${#Linux[0]}に同じ。
echo ${Linux[@]:3:2} Linux配列の3番目から2つの要素の内容を表示。
echo ${Linux[2]:0:4} Linux配列の2番目の内容の0番目から4つ分の内容を表示。
echo ${Linux[@]/Ubuntu/SCO Linux} Linux配列のすべての内容を対象にUbuntuという文字列をSCO Linuxに変更して表示。
echo ${Linux[@]/Ubuntu/} Linux配列のすべての内容を対象にUbuntuという文字列を削除して表示。
Linux=("${Linux[@]}" "AIX" "HP-UX") Linux配列にさらに2つの要素を追加。
unset Linux[3] Linux配列の3番目の内容を空文字列にする。
Unix=("${Linux[@]}") Linux配列をUnix配列へ上書きコピー。
LinuxShell=("${Linux[@]}" "${Shell[@]}") LinuxとShell配列を結合してLinuxShell配列を作成。
unset Linux Linuxを削除。