Pure-FTPdのインストール

提供: ウィキデュッカ
移動: 案内検索

yum でインストール

yum install pure-ftpd


conf バックアップ

# pwd
/etc/pure-ftpd
# cp -p pure-ftpd.conf pure-ftpd.conf.org


設定

グループとユーザの追加

PureFTPd の VirtualUser ではなく、システムのユーザーです。VirtualUser のみでは、ディレクトリに対して細かいアクセス権の設定ができないために追加しておきます。

# groupadd ftpgroup
# useradd -g ftpgroup -d /dev/null -s /etc ftpuser


公開用のディレクトリを用意

# mkdir -p /home/sites/example.com/web
# chown -R daemon:ftpgroup /home/sites/example.com/web
# chmod -R 775 /home/sites/example.com


バーチャルユーザの追加

作成するユーザ :hoge

許可するDir  :/home/sites/example.com

# pure-pw useradd hoge -m -u ftpuser -d /home/sites/example.com/
 Password: 
 Enter it again: 

以上で、/etc/pure-ftpd/ に

pureftpd.passwd
pureftpd.pdb

というファイルが作成されました。


バーチャルユーザの削除

moge ユーザを削除する例。

# pure-pw userdel moge

conf 修正

# diff pure-ftpd.conf pure-ftpd.conf.org 
52c52
< MaxClientsPerIP             5
---
> MaxClientsPerIP             8
77c77
< NoAnonymous                 yes
---
> NoAnonymous                 no
126c126
< PureDB                        /etc/pure-ftpd/pureftpd.pdb
---
> # PureDB                        /etc/pure-ftpd/pureftpd.pdb
137c137
< PAMAuthentication             no
---
> PAMAuthentication             yes

ここでのポイントは、

  • 作成した pureftpd.pdb を指定すること
  • PAM 認証を無効にすること
  • Anonymous は拒否すること。

です。


起動

# /etc/init.d/pure-ftpd start
pure-ftpd を起動中:                                        [  OK  ]

ここで諸々動作確認。

chroot が有効になっている、Anonymous が無効になっている、など。


自動起動の設定

サーバ起動時に pure-ftpd も起動するようにする。

# chkconfig --list pure-ftpd
pure-ftpd      	0:off	1:off	2:off	3:off	4:off	5:off	6:off
# chkconfig pure-ftpd on
# chkconfig --list pure-ftpd
pure-ftpd      	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off

参考・引用

http://wiki.livedoor.jp/matenrow/d/PureFTPd%A4%CE%C6%B3%C6%FE

http://tm.root-n.com/server:pure-ftpd:install_setup


以上。