クロッカス

提供: Wikiducca
花サフランから転送)
移動: 案内検索

 クロッカスとは、ひろくは 1ねんや 2ねんれず、摂氏せっし 0より ひくさむさに よく びることが 出来できる、アヤメ・クロッカスぞく草花くさばな すべてを である。ただ常並つねなみ 一通ひととおりの 場合ばあいには、クロッカスぞくうち初春はつはるき、その はなたのしむために そだてられる はるサフランはなサフラン)を す。元元もともと えていた ところ地中海沿岸ちちゅうかいえんがんから しょうアジアで、たかさは 5~10cmほどであり、つちしたに、えて たまかたちに なる くきつくる。みどり細長ほそながい。6まいはなびらを あまかおりのする むらさきしろなどの はなかせる。

日本における受容

 クロッカスは 日本には 近世江戸時代に もたらされ、初春立春〔2月4日ごろ〕から 啓蟄(けいちつ)の 前の 日〔3月5日ごろ〕まで)の 季語と されている[1](NPO法人季語と歳時記の会、2015年2月27日閲覧)。日本の 公共放送局である 日本放送協会(NHK)の ラジオ番組・「ラジオ深夜便」では、日本の 季節に 合わせて この クロッカスの 花を2月27日の 「誕生日の花」とし、その 花言葉を「青春の喜び」 及び 「堅実」としている[2](日本放送協会、2016年2月27日閲覧)。日本放送協会の 「ラジオ深夜便」の 網(モウ)タン(ウェブサイト)では、「その日の『花』……は、どうやって決めたの?」との 問いに、「選定は、日本の代表的な園芸研究家お二人にお願いしました。日本の季節に合った『花』……を……選定していただきました」と 答えている[3](日本放送協会、2015年2月21日閲覧)。

参考文献

  • 季語・クロッカス - 季語と歳時記(NPO法人季語と歳時記の会)[4]
  • クロッカスとは|ヤサシイエンゲイ(京都けえ園芸企画舎)[5]

外部連接(リンク)