削除厨

提供: ウィキデュッカ
移動: 案内検索

削除厨(さくじょちゅう)とはウェブ百科事典に存在する荒らしの一種である。

概要

Wikipediaなどのウェブ百科事典において不要と判断した内容を削除する事しかしない人たちの事。

このような人達は自分に不都合な情報を含む記事をなんとか消し去るために、言い掛かりを付けて削除する。 また書いてある情報とは別に、たんに更新履歴の上のほうからいちゃもんを付けるために巡回する事を日課としていたり、古い記述を権威と感じ新しく編集を加えられる事を記事への冒涜と感じるなどの基準によって活動する者もいる。

わざと編集合戦に持ち込んで新規書き込みを不可能にするなどシステムを悪用した手口も珍しくない。

Wikipediaでの事例

概要

ウィキペディアはフリーの百科事典としての機能を有するが、それ以前に誰でも編集が出来、百科事典としての機能以上のデータベースとして様々な情報源として機能しているという点は見逃せない。どのようなルールがウィキペディアに存在しようとも、その点を配慮せず、ただの「現在用語の基礎知識」化させる人々は削除厨の謗りを逃れられまい。ルールを守ったとしても、過度に削除しようとする輩は後を絶たない。

ウィキペディアにおいては100%信頼出来るものにするために、「出典の無いもの」、「独自研究」要素のある(または判断した)内容を削除する傾向がある。

特徴

自分自身は記事を書くことはしない。
記事を白紙化する努力は行うものの、自ら記事を作成・執筆を行おうとはせず執筆は人任せ。
自分には記事を編集する努力も能力もないのを棚にあげて記事を次々と削除する。
規約を棚に上げて削除行為を正当化する。
削除する際は必ず利用規約を元にして、そしてそこから引用された文章を記述して削除される。
これは差し戻しを行えないようにするために相手に対して反論出来ないようにするための強い手段として使われる。
但し否定的意見に抗しがたくなった時、擁護しきれなくなった時の苦し紛れの意見でもある。
要出典で、出典が無いことを理由に削除を正当化する。
Wikipediaでは、信頼性が掛けている内容に「要出典」「独自研究」を付けられる事があり、付けられてから出典元が得られないケースがあり、それを理由に「出典が無いから」という理由に削除する。
後述する要出典厨と呼ばれることもある。
出典元かあっても「信頼できない資料」と批判し削除する。
「要出典」「独自研究」が付けられている内容には出典元となる資料が見つかるケースも存在し、記事の編集が避けられる場合もある。
しかし等の本人は「それは信頼出来る内容ではない」と批判し、出典無しと強引に判断して削除する。
相手の編集履歴を見て、そこから記事を削除する。
不要な内容ばかり(と判断した)内容を書くアカウントの投稿記録を拝見し、そこから一つ一つ記事を拝見して次々と削除をする。

分類

要出典厨
自分から記事も書かず、「要出典」や「即時削除」を貼り付け続ける。本人は管理者を気取っており、周囲の一般利用者を見下していて、論争になると「やれやれ」とか「はぁ……」などの語彙を多用する。
また、粘着質な者が多く、自分の追加した要出典タグを消されることを嫌う。消された場合、徹底抗戦の構えに出てくることもしばしば。粗探しも得意であり、少しでも付け入る隙のある文章を見つけようものなら、手当たり次第に要出典タグを貼ってゆく。場合によっては、義務教育中に間違いなく習っている物にまで要出典タグを貼付する事もしばしば。
他人が書いた文章を「日本語になっていないので文章を整理」などと冗長かつわかりにくく書き換えることもするのだが、いずれにしても記事の情報量を増やすことはない。
もともと出典自体が存在しない民間発祥の「郷土料理」「方言」などには確実に「独自研究」を貼り付ける。逆に、川島令三などのほら吹き評論家などの文章でも「形だけの出典」であるが「当然」と思い、ほらふきの「信者」と化した厨房が喜んで信じ込んでいる。
反独自研究厨
独自研究だと思ったら即削除。その人にしか分からない専門外の話に削除の暴力で突っ込むのが好きな人々。自分の知らないこと、自分の理解できないこと、自分の意見と違うことについて「独自研究のため除去」として一発除去する。
上記の「要出典厨」と同様の思考であることが多い。
また過去の戦いを引きずり「こいつは気にくわないから消えてもらう」という意味で「独自研究のため除去」として、WPの側に立った形にする。
そのせいで専門性の高い記事を書ける数少ない人間のやる気を大幅に削ぐ存在。ある意味ペンは剣よりも強しを実践している
最も、この文の内容も独自研究ではあるが。

影響

上記の編集者が原因でWikipediaに対して嫌悪感を抱き、ピクシブ百科事典他、他サイトへ移行するユーザーが存在する。

特にUncyclopedia等の他サイトではWikipediaを強く批判する傾向がある

ピクシブ百科事典での事例

概要

誰でも参加出来て、尚出典がネットの書き込みでも許されるピクシブ百科事典でも削除厨は存在する。

通常、「乱立された記事」、「間違いにより作成された記事」、「半角全角の違いによる使用できない記事」、「過去存在した記事の残骸」などの不要な記事による検索妨害を軽減させる意味でも、上記のような行為は行われている。

しかしウィキペディアの削除厨とは違い、自分の感情に任せるままに削除する傾向が強く、一部の内容に留まらずに全文を白紙化し、無意味な文字列もしくは「いらない」といった主旨の文章などに差し替え、メイン画像を既に削除された作品のIDを入れてnoimageにするといった、ウィキペディアよりもかなり悪質な削除行為を行う。

当然これらの行為は編集合戦を誘発する。

ステルス削除厨

編集履歴に残らないようにして削除行為が行われる事がある、通称ステルス削除厨

主に自身が作成したオリキャラの紹介を目的とした記事や編集合戦が行われている記事、他百科事典サイトから無断転載された内容が書かれている記事などに現れる。

ステルス削除厨が現れた記事の編集履歴

↑の自作自演記事の編集履歴を見るように、編集した痕跡が見えないようになっており、あたかも一人のユーザーが記事復活を連呼しているように見える。

原因は不明だが、本来ならば記事本文が何もない状態で記事内容を更新しようとしてもできないようにしてあるピクシブ百科事典のシステムにおいて、何らかのエラーにより更新できてしまうバグらしきものを悪用した編集だと思われる。

無論これは正規の編集方法ではないので、ピクシブ百科事典利用規約第9条「禁止行為」の(15)当運営元の設備に蓄積された情報を不正に書き換え、又は消去する行為。に該当すると言える。

特徴

自分からは記事を書かない
ウィキペディア同様、自身には書く能力も努力もせずに削除を行う。
規約を棚に上げて削除行為を正当化する
これもウィキペディア同様に行われ、他のユーザーが差し戻しを行えないようにするための強い手段として使われる。
他者に対しては威圧的、攻撃的。
自身の編集を妨害する他ユーザーに対して暴言・誹謗中傷は平然と行うといった、他人の規約違反は厳しく自身の規約違反(他者に対する誹謗中傷行為は禁止)は甘いという態度を見せる。
差し戻すユーザーに対して「〇〇厨」「池沼」「信者」「アンチ」といったレッテル貼りや、敵視したユーザーの批判記事を書いたりする。
話し合いしても自分の意思を曲げない。
他のユーザー達と話し合う事があるが、大抵自身の意見を貫き通し、反対意見を踏みにじり、他の利用者の意見を無視して削除する。
捨てアカウントで削除する
身の保全の為か、本アカウントを使用せずに新しいアカウント(棄てアカウント)を作り、そちらを使用して削除行為を行う。
中には運営からの規制を防ぐために、削除後に速やかに退会して身元を伏せる事もする。
大抵そういったアカウントは単純な名前で、名前以外の詳細もろくに記述されておらず、お気に入りユーザー・マイピク・投稿作品・ブックマーク作品がほぼゼロであるなどの特徴があり見分けやすい。
強い粘着性
例え差し戻されても即座に削除・白紙化を行うために削除厨に目を付けられた記事は諦めるしかない。

削除するもの

タグとして使用されてない、または少数しか使われていない記事
検索妨害を防止するために、「タグとして使われてない」「使用者が少ない」と言う理由で白紙化を行うケースがある。
場合によっては白紙化する為にタグをイラストから片っ端から取り除き、固定タグとして使用されている場合はユーザーにタグを取り除くように頼んで取り除かせ、使用されていない状態にさせて白紙化を行う。 :0件のタグは以前だったらピクシブ百科事典に作成できなかった記事なのでわからなくもないのだが…
しかし他の百科事典サイトでは記事を作成するには様々なルールや条件が生じるために、あえて書きやすいピクシブ百科辞典にて記事を作成する者もいるので、安易に他サイトで調べろと言わんばかりに白紙化するのはあまり好ましくない。
対象となる作品・キャラクターの評価を下げる内容が書かれた記事
「迷惑な存在」「いらない子」「ヒロイン(笑)」といった各キャラクターへの批判的内容が書かれ、評価を下げる内容があると即座に削除される。
また、「吐き気を催す邪悪」のタグが付けられるような悪役キャラクターに関する記事にも表れては、不要と判断した内容を即座してくる。
ユーザー自らが作成した二次創作関連記事
これらの記事には「作者の自己紹介」、「作者のオリジナル、あるいは二次創作キャラクターの紹介」、「作者の設定の紹介」などがあげられる。
ただしこれらの記事とそれを取り巻く環境側にも、幾つかの問題点が存在し、まず記事自体にWikipedia:自分自身の記事をつくらないに記述されているような根本的な問題を含んでいることが多いことが挙げられる。
また、こういった記事を見つけた場合、ユーザーは運営に通報するのみで記事には触れないことが理想ではあるが、肝心の運営が記事の削除や記事の作者への注意といった仕事をあまりしてくれない(同様に、記事を削除した側への対処も行っていない模様)。
その上、記事の作者に記事の問題点を伝え、作者にそういった記事を削除させるという手段をとっても、相手がそれを聞き入れてくれるとは限らない。
中には、記事について話し合おうとしたらブロックされた上に記事コメントまで無視されたという報告まで存在する。
以上の理由から、この問題に対してある程度の自治行為は仕方ないという意見もたびたび出ており、これらの記事を削除したからといって、削除するユーザーが全面的に悪いと言い難いものがあるのが現状である。
この問題に対する対処法としては、 これらの記事を作成したい場合、なるべく利害関係の薄い第三者に記事作成を任せること。
これらの記事を削除する場合、削除する前に作成者と話し合うこと。
運営にきちんと仕事をするよう働きかけること。
が例として挙げられる。
無断転載
タグとして多数使用されていても、記事は出来てないものが存在しており、それを補うために(主にウィキペディアから)無断転載して記事を作成されることがある。
問題なのは、丸写しにならないように「レイアウトを変える」「原型から別の記事になるように近づける」といった、ある程度の編集がされた記事を、「無断転載だ!」「記事が掛けないのなら執筆依頼しましょうね」と言い削除しに来る。
また、ある程度原型を留めないくらいに編集がされてても「この部分は他からの転載」と言い削除されることがあり、その場合、部分部分が抜けて記事として機能しない内容になってしまう事もある。
ネット右翼的な内容の記事
自由に記事が作成出来る環境であるために、中にはネット右翼的な内容の記事が建てられて、同時に反ネット右翼の思想を持つユーザーが削除に掛かる事があり、当然編集合戦が起こる。
一覧記事
ピクシブ百科事典ではウィキペディアみたいに「カテゴリー」のシステムが存在しないからか、一覧記事が乱立する事がある。
これにより「検索妨害だ!」と批判して削除を行う。
自分含む、荒らし行為をするユーザーへの批判記事
上記の削除行為含む悪質なユーザーに対する批判・中傷記事が書かれるが、見つけたら即座に削除。
当然自らの行いを反省することは無く、不要と判断した記事を削除する姿勢は改めない。

削除しないもの

自分と編集合戦をした・自分を批難したユーザーの批判記事
記事を白紙化しているうちに消された記事を復元するユーザーが現れ、そのユーザーと編集合戦を引き起こすこともある。
それが原因で記事を復元・編集合戦をしたユーザーに対する誹謗中傷記事が作成されることもあるが、私怨からかそのような記事は削除せず放置し、他の誹謗中傷記事は削除するという態度をとる。
おそらく削除厨が別のアカウントを使用してこのような誹謗中傷記事を作成した可能性が高い。
トレスに対する批判内容、トレパク関連の記事
前述のような批判的内容は削除対象にする一方、なぜかトレパク関連、トレパクをした・トレパクを擁護したユーザーへの誹謗中傷・批難が書かれた記事に関しては削除されることは極端に少ない。
確かにトレパクは違法行為あれど、「悪質なユーザーでも中傷する記事の作成という利用規約を犯すべきではない」と言うのであれば、このような内容も削除するべきなのが普通ではないか?。

なぜこのような荒らしが発生するのか

ピクシブ百科事典ではアカウントを作れば誰でも参加出来るが、メールアドレスがあれば簡単に作れて、尚且つ退会も容易な為に悪意のある編集者が現れる。 同時にメールアドレスを変えればいくらでもアカウントを作成出来るために捨てアカウントも作り放題で、この点を悪用したユーザーが後を絶たない。

例え運営に通報しても運営側が放置する・対応が遅れるなど、運営側が荒らしに対する対処を怠ることが多く、さらに「編集後、速やかに退会」するため、運営に通報してもアカウント停止などの処置をとることが出来ないと思われる。 辛うじて通報しアカウント停止を受けたとしても複数アカウントを使用、または退会し速やかに新しいアカウントを作成・使用するため、ピクシブ百科事典はほぼ無防備に等しい。

運営仕事しろ。

Uncyclopediaにおける事例

アンサイクロペディアはユーモアや冗長な表現、叙述的な資料に関しては「面白ければOK」という姿勢をとっている関係で削除厨は居ない…と思われがちだが、実はウィキペディアやピクシブ百科辞典以上に削除厨が幅を利かせているのが現状である。

というのもウィキペディアやピクシブ百科辞典は事実を普通に書き込み、そのうえで出典元がはっきりさえしていればたとえ出典元の猿真似でも(但し完全な丸写しは無断転載になるので不可)消されることはあまりないが、アンサイクロペディアの場合、自分にとって面白くなければ「どこで笑わせればいいのかわからないただのまとめ記事になっています」と主張しては消し、自分が嫌いなものの記事(但し叩き目的の記事は可)なら見るに耐えないと主張しては消し、まだ立てられて日が浅いがために内容の少ない記事は「一行記事」と主張しては消し、逆に内容の多い記事では「アンサイクロペディアは細かいことをちまちま書き込むwikiではありません」と主張しては記事そのものを削除。

その結果現在アンサイクロペディアは赤字リンクだらけで新規登録者の敷居が非常に高く、すっかり過疎ってしまった

削除するにあたって

これらの行為は当然のように利用規約に抵触し、最悪規制を受ける可能性がある。

削除する際に「他の利用者としっかり話し合った後、許可を得る」、「実際に不要な記事かどうかをきちんと見極めること」などが必要である。

また、全面白紙化は基本的に規約違反になるので、「内容を百科辞典に相応しいものになるように編集する、または編集依頼する」「明らかに記事名からしてヤバい内容なら削除依頼を出す」といった対処をする。   これがなされない場合、最悪規制を受けて編集できなくなる可能性が存在する。

最も、ピクシブ百科辞典みたいに運営側が対処しないサイトなら、アカウント停止されても即座にアカウント作り直されたら無意味だが。

関連項目

外部リンク(参考資料)