カンヒザクラ

提供: ウィキデュッカ
ヒカンザクラから転送)
移動: 案内検索

 カンヒザクラ寒緋桜)は バラ科サクラ属の 早咲き桜の 一つである。もろこし・中国の 南側や 台湾 及び 沖縄において、人の 手に よらず ひとりでに 生えている。わが国あづま関東)より 南でも 植え育てられており、2月ごろに 濃い 紅色(べにいろ)で 釣り鐘形の 花を 下向きに 咲かせる。ヒカンザクラ緋寒桜)とも 言うが、同じ サクラ属である コヒガン(小彼岸)や エドヒガン(江戸彼岸)の またの名である 「ヒンザクラ」と 聞き違えられるのを 避けるために、「緋寒」を 「寒緋」に ひっくり返し、「寒緋桜」とした[1]

別名(またの名)

 旧暦の 正月(立春2月4日ごろ〕から 啓蟄〔けいちつ〕の 前の 日〔3月5日ごろ〕まで)ごろに 咲くことから、ガンジツザクラ元日桜)と 呼ばれることもある。また、ヒザクラ緋桜)とも 呼ばれる。

そのほか

 日本の 公共放送局である 日本放送協会(NHK)の ラジオ番組・「ラジオ深夜便」では、日本の 季節に 合わせて この カンヒザクラの 花を 2月25日の 「誕生日の花」とし、その 花言葉を 「あでやか」としている[2]。日本放送協会の 「ラジオ深夜便」の 網(モウ)タン(ウェブサイト)では、「その日の『花』……は、どうやって決めたの?」との 問いに、「選定は、日本の代表的な園芸研究家お二人にお願いしました。日本の季節に合った『花』……を……選定していただきました」と 答えている[3]

参考文献

外部連接(リンク)

ヒカンザクラ - Wikipedia